絞り込み

16644

広告

欧州初、フランスで新型肺炎感染確認 パリとボルドーで計2人 (毎日新聞)

[PR] フランスのビュザン保健相は24日、パリと南西部ボルドーで、中国・武漢を中心に新型肺炎を引き起こしているコロナウイルス感染者計2人を確認したと発表した。...

  1. [医学] 常に肌を触れ合わせた母親と早産...
  2. 新型肺炎 湖北省で新たに15人死亡 中国...
  3. [医学] 肝臓線維症の解消にPPARγや...
  4. 新型肺炎 “初期症状 発熱・せきとは限ら...

ニュース一覧

Low prevalence of human papillomavirus in head and neck squamous cell carcinoma in the northwest region of the Philippines.

著者 Albano PM , Holzinger D , Salvador C , Orosa J , Racelis S , Leaño M , Sanchez D , Angeles LM , Halec G , Schmitt M , Ramos JD , Pawlita M
PLoS One.2017 ; 12(2):e0172240.
この記事をPubMed上で見るPubMedで表示
この記事をGoogle翻訳上で見る Google翻訳で開く

スターを付ける スターを付ける     (4view , 0users)

Full Text Sources

Medical

Geographic heterogeneity of human papillomavirus (HPV) involvement in head and neck squamous cell carcinoma (HNSCC) has been observed over the last few years. This trend has not been evaluated in the Philippines. Hence, this study aims to provide for the first time a data on the prevalence of HPV in HNSCC in the northwestern region of the Philippines.
PMID: 28199413 [PubMed - in process]
印刷用ページを開く Endnote用テキストダウンロード