絞り込み

16603

広告

解雇規制緩和という『ブラック・スワン』に備えよ (日経BP)

担当 さて、令和初のコラムのネタなんですけど……どうしましょうね。ってか、センセーはあんまり令和とか、そういうの気にしないでしょうけど。 鈴木 いや、そういうの...

  1. POLO試験の結果は進行膵癌の診療を変え...
  2. 万年研修医の覚悟がないと時代に取り残され...
  3. 認知症の睡眠問題は「診立て」が肝心 (日...
  4. 再製造医療機器流通のために病院が注意すべ...

ニュース一覧

News
ニュース

ニュース一覧2219件中 1件~10件

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

解雇規制緩和という『ブラック・スワン』に備えよ (日経BP)

担当 さて、令和初のコラムのネタなんですけど……どうしましょうね。ってか、センセーはあんまり令和とか、そういうの気にしないでしょうけど。 鈴木 いや、そういうの、とても大事だと思うよ。 担当 ええ!? 意外。「4月まで平成で、5月に令和にな...

POLO試験の結果は進行膵癌の診療を変えるか? (日経BP)

2019年の米国臨床腫瘍学会(ASCO 2019)では、バイオマーカーに基づいて進行膵癌の維持療法を検討した第III相試験からポジティブな結果が発表された。生殖細胞系列のBRCA遺伝子変異を有する進行膵癌患者を対象にプラチナ療法後のPARP...

万年研修医の覚悟がないと時代に取り残される (日経BP)

長年、診療所開業医として1人で診療をしていると、新しい医学的知見や最新の治療法などに触れる機会が減り、独りよがりの診療に陥ってしまう場合がある。そんな事態を招かないために何をすべきか。中西道場という勉強会を主宰し、自身も「万年研修医」の心持...

認知症の睡眠問題は「診立て」が肝心 (日経BP)

認知症では多様なBPSDが見られます。被害妄想、感情失禁、自閉、拒絶、幻覚、抑うつなど様々です。これらと並んで、夜間の不眠、昼間の強い眠気、昼夜逆転などの睡眠-覚醒リズムの異常はとても頻度が高く、多くの調査では頻度の高いBPSDのトップ3に...

再製造医療機器流通のために病院が注意すべきポイントは? (日経BP)

2017年7月、単回使用医療機器(SUD)の再製造のための、「再製造単回使用医療機器基準」が告示された。現時点で国内で再製造された製品は上市していないものの、今後事業拡大が期待されている。再製造医療機器の原材料は医療機器から生まれる。では医...

中年女性が発症する特発性冠動脈解離の特徴は? (日経BP)

30~50代の女性で、高血圧、脂質異常症、動脈硬化などのリスクが見当たらないにもかかわらず、突然、強い胸痛や急性虚血を発症するのが特発性冠動脈解離(SCAD)。

リボシクリブが乳癌患者の全生存期間を延長 (日経BP)

フェーズ3試験MONALEESA-7は、閉経前または閉経後のホルモン受容体陽性でHER2陰性の進行乳癌患者に対して、ホルモン療法に加えて、サイクリン依存性キナーゼ(CKD)4/6阻害薬のリボシクリブを投与して、プラセボと比較したものだ。既に...

感染症後に求められる「登校許可証」の謎 (日経BP)

西日本でインフルエンザや手足口病が流行しているようです。「ようです」とか言っていますが、先日うちの息子もインフルエンザになりました。連日40度を超える発熱でしんどそうにしているのですが、僕にできるのは励まし程度。幼稚園を休んでゲームで遊び放...

統合失調症の新しい治療薬候補の発見

-天然代謝産物ベタインの可能性-

大飯3号機が運転再開 (デイリースポーツ)

関西電力は26日、定期検査で停止していた大飯原発3号機(福井県おおい町)の原子炉を起動させ、運転を再開した。28日に発送電を始め、7月下旬に営業運転に入る予定。 関電によると、燃料移送装置が適切な位置で止まらないトラブルが4月に発生し、原因...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10