絞り込み

16610

広告

運動は中高年から始めても遅くない (日経BP)

運動は総死亡、心血管疾患、癌のリスク低下に関係することが示されている。しかし、多くの研究では、ベースラインの運動量とアウトカムの関係を調べており、その後の生活習...

  1. 医学部受験「バブル」はひとまず終息しまし...
  2. 無給医、労基署による全大学病院の緊急点検...
  3. 転移性前立腺癌の治療はより早期に新規AR...
  4. しばしば誤嚥性肺炎の原因となる意外なあの...

ニュース一覧

Differential impact of minimal residual disease negativity according to the salvage status in patients with relapsed/refractory B-cell acute lymphoblastic leukemia.

著者 Jabbour E , Short NJ , Jorgensen JL , Yilmaz M , Ravandi F , Wang SA , Thomas DA , Khoury J , Champlin RE , Khouri I , Kebriaei P , O'Brien SM , Garcia-Manero G , Cortes JE , Sasaki K , Dinardo CD , Kadia TM , Jain N , Konopleva M , Garris R , Kantarjian
Cancer.2016 Sep 7 ; ():.
この記事をPubMed上で見るPubMedで表示
この記事をGoogle翻訳上で見る Google翻訳で開く

スターを付ける スターを付ける     (11view , 0users)

Full Text Sources

Medical

Minimal residual disease (MRD) assessment predicts survival for patients with newly diagnosed acute lymphoblastic leukemia (ALL). Its significance in relapsed/refractory ALL is less clear.
PMID: 27602508 [PubMed - as supplied by publisher]
印刷用ページを開く Endnote用テキストダウンロード