絞り込み

16314

広告

アジア各地に邦楽の公演可能なライブホール開設を発表

大手音楽会社のソニー・ミュージックエンタテインメントとそのグループ会社は、官民ファンドの支援を受けて、アジア各地に日本のアーティストなどが公演を行えるライブホー...

  1. ヒートショックプロテインを増やす入浴法 ...
  2. 痛風対策してますか?食事・運動・サプリメ...
  3. 英エコノミスト誌が予測「日本は人口減少で...
  4. 高浜原発4号機 燃料入れる作業始まる 来...

ニュース一覧

Risk of misdiagnosis and overtreatment in patients with main pancreatic duct dilatation and suspected combined/main-duct intraductal papillary mucinous neoplasms.

著者 Crippa S , Pergolini I , Rubini C , Castelli P , Partelli S , Zardini C , Marchesini G , Zamboni G , Falconi M
Surgery.2015 Dec 15 ; ():.
この記事をPubMed上で見るPubMedで表示
この記事をGoogle翻訳上で見る Google翻訳で開く

スターを付ける スターを付ける     (1,422view , 1users)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Full Text Sources

Medical

Segmental/diffuse dilatation of the main pancreatic duct (MPD) is the typical feature of combined/main-duct intraductal papillary mucinous neoplasms (CMD-IPMNs). MPD dilation in IPMNs may be also expression of mucus hypersecretion/obstructive chronic pancreatitis (OCP). The aim of this study was to evaluate the presence and extension of MPD involvement by tumor/OCP and assess the risk of overtreatment.
PMID: 26704784 [PubMed - as supplied by publisher]
印刷用ページを開く Endnote用テキストダウンロード