絞り込み

16641

広告

「医療マンガ大賞」、受賞作品が決定 (日経BP)

神奈川県横浜市は今年、医療広報の一環として、漫画を活用した取り組み「医療マンガ大賞」を創設した(関連記事:医師と患者のギャップを埋める「医療マンガ大賞」創設)。...

  1. タイの大型肉食恐竜、新種と判明 (デイリ...
  2. 映画を通じた交流を 大阪韓国映画祭始まる...
  3. だんだん小さく、やがて視野の外…「さよな...
  4. 新種の大型肉食恐竜「シャムラプトル・スワ...

ニュース一覧

News
ニュース

ニュース一覧2429件中 51件~60件

  1. 2
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 6
  6. 7
  7. 8
  8. 9
  9. 10
  10. 11

AIがセンター試験の英語で高得点をマーク NTTと国立情報学研究所が開発 (財経新聞)

NTT(東京都千代田区)は18日、NTTコミュニケーション科学基礎研究所が開発したAI(人工知能)により、2019年センター試験の英語試験において、185点(偏差値64.1)という高い得点を獲得したと発表した。この取り組みは、国立情報学研究...

「研究は労働時間に含めるのか」学術会議と国大協が意見表明 (科学新聞)

大学教員や研究機関の研究員にとっての研究時間は、単なる労働時間なのか。働き方改革実行計画に基づいて、全国各地の大学や研究機関では労働基準監督署から様々な指導を受けている。自らの意思で行う学術研究の時間も労働時間として算定しているため、教育、...

想像力を手に入れたAI 知性獲得につながる3つの方法 (日経サイエンス)

顔認識や言語翻訳,ボードゲームのプレイなどにおけるAIの能力は,いまや人間と同等,あるいはそれ以上になった。ニューラルネットワークなどのAIシステムには計り知れない能力があるが,弱点も依然として存在している。人間と違って柔軟性が低く,愚鈍で...

特集:AI 人工知能から人工知性へ (日経サイエンス)

人工知能(AI)は一見,どんどん人間に近づいているように見える。学習の仕方を自ら学んだり,見たこともない画像を作り出したりすることができるようになり,苦手だった文章読解もベンチマークテストで人間の平均点を超えた。機械学習を使って量子重力理論...

日本の量子技術「今後数年が勝負」 議連が決議 (科学新聞)

量子技術推進議員連盟(会長=林芳正衆議院議員)は14日、2020年度予算と19年度補正予算等に関する決議をまとめた。政府全体の量子技術予算を倍増以上にすることも念頭に抜本的に拡充するとともに、決議の内容を今後政府が策定する量子技術イノベーシ...

「金属ナノワイヤーで脳機能模倣」NIMSがネットワーク材料を作製 (科学新聞)

ヒトの脳は、学習することで神経回路のつながりが強化され、記憶や認知などを行っていると考えられているが、ネットワークの全体像や様々な機能とネットワークの関係性などの詳細はわかっていない。もし、こうした脳の構造と機能の関係を本質的に理解すること...

黄砂飛来後に胎盤早期剥離が増加 (科学新聞)

子供が生まれる前に胎盤がはがれてきてしまう早期剥離の発症機序はよく分かっていない。東邦大学医学部の道川講師、九州大学大学院医学研究院の諸隈教授、国立環境研究所の清水主任研究員らの研究グループは、日本産科婦人科学会が実施している周産期登録事業...

  1. 2
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 6
  6. 7
  7. 8
  8. 9
  9. 10
  10. 11