絞り込み

オススメ書籍

15366

RSS

お知らせ

全て読む

広告

How to search
検索キーワード設定方法

検索キーワード設定方法

* 詳しい方法は 公式ホームページのHELP を参考にしてください。

1.単語の検索

  apoptosis
  MAPK
  bFGF

などと自分の興味のある単語を入力します。
実際には大文字と小文字の違いは無視されます。
  aPopTosIS
  mapk
  bfgf

としても目的の単語が検索できます。

2.連語の検索

  mitochondrial permeability transition
  long-term potentiation

などと半角スペースを入れて入力すればフレーズとして検索できます。
この方法ではフレーズが見つからなかった場合は、自動的にバラバラな単語として扱われます。
もし、これを避けたい場合は「" "」で囲みます。
  "mitochondrial permeability transition"
  "long-term potentiation"

3.タイトルにある単語またはフレーズのみを検索する    [TI]または[ti] を後に付ける

  cytochrome [TI]
  mitochondrial permeability transition [TI]
  "mitochondrial permeability transition" [TI]

4.著者名で検索する

  ikegaya  
  ikegaya y
  "ikegaya y"

とそのまま入力すれば検索できます。
ファーストネームを入れる場合はイニシャルにして名字の後につけます。
ミドルネームをふくめる場合は次のようにします。
  ikegaya ys
うまく行かないときには、[AU] または [au] を利用します。
  ikegaya [AU]
  ikegaya y [AU]
  "ikegaya y" [AU]

5.雑誌を指定する   [JO] または [jo] を後に付ける

  nature [JO]
  j exp med [JO]
  "j exp med" [JO]

6.著者の所属を指定する   [AD] または[ad] を後に付ける

  oncology [AD]
  kyoto university [AD]
  "kyoto university" [AD]

7.二つ以上のキーワードが 同時に 含まれる論文を検索する    AND の使い方

  kinase AND phosphatase
  protein kinase a AND pkb AND pkc
  "protein kinase a" AND pkb AND pkc

これを応用すれば次のようにすることもできます。
   mitochondrial permeability transition AND j exp med [jo] AND kyoto university [ad] AND oncology [ad]

8.二つ以上のキーワードの いずれかが 含まれる論文を検索する   OR およびの使い方

  kinase OR phosphatase
  protein kinase a OR pkb OR pkc

PubMedでは名詞の「単数形・複数形」および「動詞の活用形」は別の単語として認識されますので、ORはとても重要な演算子です。必要に応じて以下のように指定します。
   kinase OR kinases
  synchronize OR synchronizes OR synchronized

ただし、ワイルドカード「*」を使えば ORの使用を回避できる場合が多いようです。
  kinase*
  synchronize*

9.複合検索   ( )

AND OR は自由に組み合わせて使用することができます。「( )」を用いれば演算の優先順位を指定することができます。
たとえば、苔状線維は次のように表現できます。
  mossy AND (fiber* OR fibre*)
さらに、海馬の苔状線維に限りたい場合には、たとえば以下のようにしてみましょう。
  mossy AND (fiber* OR fibre*) AND (hippocamp* OR dentate)
( )を使用せずに AND OR を並列に置くと前から順に演算されます。
  pka AND pkb OR pkc  は   (pka AND pkb) OR pkc   と同じ。
  pka OR pkb AND pkc  は (pka OR pkb) AND pkc   と同じ。




データベース利用について

利用についてはこちらを参照ください。

提供データベース

論文検索データベースはこちらにまとめてあります。

サイトへのアクセス

本サイトへはこちらからアクセスできます。