絞り込み

16646

広告

「震災の影響確認して判断した」 (デイリースポーツ)

東北電力が再稼働を目指す女川原発2号機(宮城県)が原子力規制委員会の審査に合格したことを受け、規制委の更田豊志委員長は26日の記者会見で「東日本大震災の影響をき...

  1. 東京、京都など4つの国立博物館 あすから...
  2. 米国で新型コロナウイルスに対する世界初の...
  3. 国立がん研究センターなどが日本人肺腺癌の...
  4. 横浜港で検疫中のクルーズ船内で確認された...

ニュース一覧

Patient Preferences for Use of Archived Biospecimens from Oncology Trials When Adequacy of Informed Consent Is Unclear.

著者 Peppercorn J , Campbell E , Isakoff S , Horick NK , Rabin J , Quain K , Sequist LV , Bardia A , Collyar D , Hlubocky F , Mathews D
Oncologist.2019 Sep 06 ; ():.
この記事をPubMed上で見るPubMedで表示
この記事をGoogle翻訳上で見る Google翻訳で開く

スターを付ける スターを付ける     (16view , 0users)

Full Text Sources

Oncology research increasingly involves biospecimen collection and data sharing. Ethical challenges emerge when researchers seek to use archived biospecimens for purposes that were not well defined in the original informed consent document (ICD). We sought to inform ongoing policy debates by assessing patient views on these issues.
PMID: 31492767 [PubMed - as supplied by publisher]
印刷用ページを開く Endnote用テキストダウンロード