絞り込み

17083

広告

立教大学、就活中の学生がオンライン面接の課題などを調査 (大学ジャーナル/a>)

2020年5月31日、立教大学経営学部の中原淳研究室は、企業の採用活動におけるオンライン面接の課題や可能性に関する調査報告書を発表した。 「オンライン面接の実態...

  1. [企業] 年内のCOVID-19ワクチン...
  2. 5月の世界・平均気温が過去最高に 世界気...
  3. 動物実験、AI活用で9割減 (デイリース...
  4. 名門ウィーン・フィル 3か月ぶり公演再開...

ニュース一覧

スターを付ける スターを付ける     (4view , 0users)

Full Text Sources

In the general population, sleep disorders are associated with an increased risk of cognitive impairment. The prevalence of sleep disorders, such as sleep apnea, in acromegalic patients is higher than in the general population, and they may have additional risk of cognitive impairment due to acromegaly treatment and comorbidities. We aim to study the relationship between sleep disturbances and cognitive dysfunction in a group of acromegalic patients.
PMID: 31473920 [PubMed - as supplied by publisher]
印刷用ページを開く Endnote用テキストダウンロード