絞り込み

18456

広告

ソフトバンクが配膳ロボットを発売 2021年1月に (財経新聞)

●飲食店で配膳・運搬を担うロボットを販売 ソフトバンクG傘下のソフトバンクロボティクスは28日、飲食店での配膳・運搬を担うロボット「Servi(サーヴィ)」を販...

  1. [企業] COVID-19入院患者へのC...
  2. 新型コロナ禍での緊急事態宣言には確かな効...
  3. [企業] 若年性特発性関節炎へのPfiz...
  4. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」...

ニュース一覧

Australian community health practitioners' knowledge and experience with managing urinary incontinence that begins in childhood.

著者 Caldwell PH , Manocha R , Hamilton S , Scott KM , Barnes EH
Aust J Gen Pract.2019 Jan-Feb ; 48(1-2):60-65.
この記事をPubMed上で見るPubMedで表示
この記事をGoogle翻訳上で見る Google翻訳で開く

スターを付ける スターを付ける     (2view , 0users)

Full Text Sources

Medical

General practitioners (GPs) often see children with enuresis and daytime urinary incontinence, and adults with persistent enuresis. The aim of this study was to assess Australian community health practitioners' knowledge and experiences with managing these conditions.
PMID: 31256459 [PubMed - in process]
印刷用ページを開く Endnote用テキストダウンロード