絞り込み

16644

広告

ウミガメにセンサー 海水温長期予測の精度「劇的向上」 (NHK)

ウミガメに水温のセンサーを取り付けてデータを集め、長期的な海水温の予測の精度を高めるユニークな手法を海洋研究開発機構などが開発しました。 気象の長期的な予報には...

  1. 古代エジプト人が頭に載せた謎の物体、つい...
  2. 香港デモ半年、日本人写真家が見た若者たち...
  3. オスマン帝国の600年、巨大帝国はこうし...
  4. 15世紀末の歯ブラシに使われていた動物の...

ニュース一覧

Reducing Invasive Care for Low-risk Febrile Infants Through Implementation of a Clinical Pathway.

著者 Kasmire KE , Hoppa EC , Patel PP , Boch KN , Sacco T , Waynik IY
Pediatrics.2019 Feb 06 ; ():.
この記事をPubMed上で見るPubMedで表示
この記事をGoogle翻訳上で見る Google翻訳で開く

スターを付ける スターを付ける     (23view , 0users)

Full Text Sources

Significant variation in management of febrile infants exists both nationally and within our institution. Risk stratification can be used to identify low-risk infants who can be managed as outpatients without lumbar puncture (LP) or antibiotics. Our objective was to reduce invasive interventions for febrile infants aged 29 to 60 days at low risk for serious bacterial infection (SBI) through implementation of a clinical pathway supported by quality improvement (QI).
PMID: 30728272 [PubMed - as supplied by publisher]
印刷用ページを開く Endnote用テキストダウンロード