絞り込み

16545

広告

「中国版GPS」衛星打ち上げ 成功の様子を公開

中国は19日、「中国版GPS」とも呼ばれるシステムに利用する衛星の打ち上げに成功し、その様子を一部の外国メディアに公開しました。宇宙分野の技術力の高まりをアピー...

  1. 【要指導・一般薬部会】鼻過敏症治療薬「フ...
  2. 【要指導・一般薬部会】鼻過敏症治療薬「フ...
  3. 【中国四国支部学術大会で報告】疑義照会簡...
  4. 12月13~14日に「第3回DIA再生医...

ニュース一覧

Interference of Therapeutic Monoclonal Antibodies With Routine Serum Protein Electrophoresis and Immunofixation in Patients With Myeloma: Frequency and Duration of Detection of Daratumumab and Elotuzumab.

著者 Tang F , Malek E , Math S , Schmotzer CL , Beck RC
Am J Clin Pathol.2018 Jun 13 ; ():.
この記事をPubMed上で見るPubMedで表示
この記事をGoogle翻訳上で見る Google翻訳で開く

スターを付ける スターを付ける     (104view , 0users)

Full Text Sources

We investigated the frequency and pattern of detection of therapeutic monoclonal antibodies (t-mAbs) daratumumab and elotuzumab by routine serum protein electrophoresis (SPE) and immunofixation (IF) in treated patients with myeloma.
PMID: 29901687 [PubMed - as supplied by publisher]
印刷用ページを開く Endnote用テキストダウンロード