絞り込み

16525

広告

ウマが人の行動を認識するのは「声」と「表情」の関連から (NHK)

移動の足などとして数千年前から家畜化が進んだウマは、人の声と表情の2つを関連づけて人の行動を認識していることが北海道大学などの実験でわかりました。身近な動物が人...

  1. 医療保険より100倍マシ! 学資保険の選...
  2. 食べられない高齢者にはこう介入する
  3. 血友病Aに週1回皮下注射の抗体医薬登場
  4. 39歳女性。胃痛、胸焼け

ニュース一覧

Ensuring Timely Connection to Early Intervention for Young Children With Developmental Delays.

著者 Conroy K , Rea C , Kovacikova GI , Sprecher E , Reisinger E , Durant H , Starmer A , Cox J , Toomey SL
Pediatrics.2018 Jun 06 ; ():.
この記事をPubMed上で見るPubMedで表示
この記事をGoogle翻訳上で見る Google翻訳で開く

スターを付ける スターを付ける     (6view , 0users)

Full Text Sources

Timely provision of developmental services can improve outcomes for children 0 to 3 years old with developmental delays. Early Intervention (EI) provides free developmental services to children under age 3 years; however, data suggests that many children referred to EI never connect to the program. We sought to ensure that 70% of patients referred to EI from an academic primary care clinic serving a low-income population were evaluated within 120 days of referral.
PMID: 29875180 [PubMed - as supplied by publisher]
印刷用ページを開く Endnote用テキストダウンロード