絞り込み

16526

広告

「節電」から「省エネ」へ 阪神間自治体の夏対応 - 神戸新聞

神戸新聞「節電」から「省エネ」へ 阪神間自治体の夏対応神戸新聞関西広域連合が昨夏から、節電も含め温暖化対策として「省エネ」を使用するようになったためで、市の担当...

  1. 「H3」の新型エンジン 燃焼試験を公開 ...
  2. 診断内容共有せず がん患者死亡 横浜市立...
  3. 日本のテレビ番組をミャンマーに 現地で合...
  4. 公開シンポジウム「サプライチェーン全体で...

ニュース一覧

Incidence and risk factors for postoperative lingual neuropraxia following airway instrumentation: A retrospective matched case-control study.

著者 Su YK , Wang JH , Hsieh SY , Liu XZ , Lam CF , Huang SC
PLoS One.2018 ; 13(1):e0190589.
この記事をPubMed上で見るPubMedで表示
この記事をGoogle翻訳上で見る Google翻訳で開く

スターを付ける スターを付ける     (16view , 0users)

Full Text Sources

Lingual nerve injury or neuropraxia is a rare but potentially serious perioperative complication following airway instrumentation during general anesthesia. This study explored the the incidence and perioperative risk factors for lingual nerve injury in patients receiving laryngeal mask (LMA) or endotracheal (ETGA) general anesthesia in a single center experience.
PMID: 29329350 [PubMed - in process]
印刷用ページを開く Endnote用テキストダウンロード