絞り込み

16421

広告

不安払しょく 被ばく量試算できるアプリ開発へ (NHK)

原発事故で避難している人たちのうち、帰還を考えている人などの不安を少しでも払拭(ふっしょく)しようと原子力規制委員会は、福島県内での生活パターンを踏まえて被ばく...

  1. トランプ政権1年 深刻な国際秩序の「漂流...
  2. 着物 タンスに眠らせず 京都大(キャンパ...
  3. 遺体は蓮ちゃん、DNA鑑定で断定 - 福...
  4. 物質のナノレベル解析に光 次世代放射光施...

ニュース一覧

Dipeptidyl peptidase-IV inhibitors, a risk factor for bullous pemphigoid. Retrospective multicenter case-control study in France and Switzerland.

著者 Benzaquen M , Borradori L , Berbis P , Cazzaniga S , Valero R , Richard MA , Feldmeyer L
J Am Acad Dermatol.2017 Dec 20 ; ():.
この記事をPubMed上で見るPubMedで表示
この記事をGoogle翻訳上で見る Google翻訳で開く

スターを付ける スターを付ける     (18view , 0users)

Full Text Sources

Case reports have suggested an association between dipeptidyl peptidase-IV inhibitors (DPP4i) and development of bullous pemphigoid (BP).
PMID: 29274348 [PubMed - as supplied by publisher]
印刷用ページを開く Endnote用テキストダウンロード