絞り込み

16547

広告

羽織はかま本庶さん、現地「日本の伝統的正装」 (読売新聞)

晩さん会で歓談する本庶佑・京都大特別教授(左端)と妻・滋子さん(右端)ら(10日午後、ストックホルムで)=代表撮影 【ストックホルム=諏訪智史、山本美菜子】「科...

  1. 国立大学の一法人複数大学制度等に関する調...
  2. 私学共済制度の在り方等に関する調査研究協...
  3. 「デジタル教科書」の効果的な活用の在り方...
  4. 学校卒業後における障害者の学びの推進に関...

ニュース一覧

Painful tonic spasm in neuromyelitis optica spectrum disorders: Prevalence, clinical implications and treatment options.

著者 Liu J , Zhang Q , Lian Z , Chen H , Shi Z , Feng H , Miao X , Du Q , Zhou H
Mult Scler Relat Disord.2017 Oct ; 17():99-102.
この記事をPubMed上で見るPubMedで表示
この記事をGoogle翻訳上で見る Google翻訳で開く

スターを付ける スターを付ける     (54view , 0users)

Full Text Sources

Medical

Miscellaneous

Painful tonic spasm (PTS) is a common symptom in patients with neuromyelitis optica spectrum disorders (NMOSD). This study aimed to obtain further insights into the prevalence, characteristics, and treatment of PTS in patients with NMOSD, and to systematically investigate and compare the clinical features and prognosis of NMOSD with and without PTS.
PMID: 29055485 [PubMed - in process]
印刷用ページを開く Endnote用テキストダウンロード