絞り込み

16638

広告

日本人のオピオイド誘発性便秘の頻度は? (日経BP)

癌の疼痛管理など、実臨床でオピオイドを使う機会はとても多いですが、副作用で気になるのは便秘です。どのくらいの患者さんがオピオイド誘発性便秘(OIC)で苦しんでい...

  1. ディフェリンとベピオがじわりシェア伸長 ...
  2. 過去5年、世界は最も暑く (デイリースポ...
  3. 日本初のノーベル賞 湯川秀樹博士の写真2...
  4. 「美しい演説ではなく具体的な計画を」気候...

ニュース一覧

A trial of radiofrequency ablation for anal intraepithelial neoplasia.

著者 Goldstone RN , Hasan SR , Drury S , Darragh TM , van Zante A , Goldstone SE
Int J Colorectal Dis.2016 Oct 21 ; ():.
この記事をPubMed上で見るPubMedで表示
この記事をGoogle翻訳上で見る Google翻訳で開く

スターを付ける スターを付ける     (2view , 0users)

Full Text Sources

Medical

Radiofrequency ablation (RFA) effectively treats esophageal high-grade dysplasia, but its efficacy in treating anal canal high-grade squamous intraepithelial lesions (HSILs) is unsubstantiated. This prospective study assessed the safety and efficacy of applying hemi-circumferential RFA to anal canal HSIL.
PMID: 27770248 [PubMed - as supplied by publisher]
印刷用ページを開く Endnote用テキストダウンロード