絞り込み

16594

広告

News
ニュース

ニュース一覧2171件中 71件~80件

  1. 4
  2. 5
  3. 6
  4. 7
  5. 8
  6. 9
  7. 10
  8. 11
  9. 12
  10. 13

好みのバーチャル医師が診察? 医師側にも意外な利点 (日経BP)

医療機関で、担当医師に呼ばれて診察室に入る。目の前に座っている医師は年配で、こちらをちらりとも見ずに画面を見ている。どうやら不機嫌そうだ。 またある時の医師は、どうやら自分より年下で、ややバタバタとしながら、教科書をパラパラとめくって少し考...

肺癌1次治療での化学療法+ICIの位置づけがより明確に (日経BP)

進行非扁平上皮非小細胞肺癌(NSCLC)の1次治療として、化学療法と抗PD-1抗体ペムブロリズマブの併用療法を評価した第III相のKEYNOTE-189試験から、肝転移、脳転移がある患者の転帰を探索的に解析した結果が、3月に米国・アトランタ...

アナムネで困ったことBest3 (日経BP)

今回はイッキに3本、ランキング形式でお届けします!

進まぬ腎移植 中国で手術の女性「助かる命ある」…透析問題の背景を探る (毎日新聞)

[PR] 人工透析治療を巡る一連の問題の背景にあるのは、国内で進まない腎臓移植だ。 金沢市の石崎真理さん(59)は、腎機能が徐々に低下する「慢性糸球体腎炎」を13歳で発症。37歳の時にがんが見つかり、右腎臓と副腎を摘出した。その後も腎不全の...

生と死 果てなき問い 透析中止、読者の声 (毎日新聞)

透析や人工呼吸器などの生命維持治療について意見を交わすパネリストたち=東京都文京区で2019年5月18日午後4時13分、梅田啓祐撮影 [PR] 「医師の責務に反する」「仕方なかったのでは」――。公立福生病院(東京都福生市)で昨年8月、腎臓病...

温暖化防止 16歳の少女が始めた「学校スト」はなぜ、世界中に広がったのか (毎日新聞)

デモに参加したグレタさん(中央)=スウェーデンのストックホルムで3月15日、ロイター スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさん(16)が単身で始めた「学校ストライキ」は、1年足らずの間に、世界中で大きなうねりを引き起こした。気候変...

数学「感覚や感情養うのが大事」 (デイリースポーツ)

高校生に科学への関心を高めてもらおうと、数学のノーベル賞と呼ばれるフィールズ賞を1990年に受賞した森重文・京都大高等研究院長(68)が19日、新潟市で講演した。約400人の参加者を前に、数学について「論理だけでは解けない場面がある。先へ進...

1日に推奨されるコーヒーの摂取量は何杯? オーストラリアの研究 (財経新聞)

●日常で摂取するコーヒーの量は把握できていないことも 朝食、休憩中、昼食の後など、コーヒーを飲む機会は1日の中でも数回ある。そのため1日に摂取するコーヒーの量が、把握できていな人も少なくないのではないだろうか。【こちらも】コーヒーが及ぼす心...

脊髄損傷などの軸索損傷の再生阻害メカニズムを世界で初めて解明 (大学ジャーナル/a>)

名古屋大学大学院医学系研究科分野の門松健治教授らの研究グループは、神経軸索の再生を阻害するメカニズムを世界で初めて明らかにした。 私たちの神経細胞の「軸索」と呼ばれる部位は、身体の中でいわゆる「送電線」の役目をしており、様々な情報を電気信号...

  1. 4
  2. 5
  3. 6
  4. 7
  5. 8
  6. 9
  7. 10
  8. 11
  9. 12
  10. 13