絞り込み

16545

広告

News
ニュース

ニュース一覧2885件中 71件~80件

  1. 4
  2. 5
  3. 6
  4. 7
  5. 8
  6. 9
  7. 10
  8. 11
  9. 12
  10. 13

物性物理学: ベリー曲率双極子による非線形ホール効果 (Nature Research)

電気ホール効果は、面外磁場の下で横方向電圧が生じることを記述するもので、量子化されたホール伝導率の発見はノーベル賞につながった。しかし10年ほど前から、量子磁性体において磁場が存在しない場合でも(異常)ホール効果が観測されている。今回、P ...

構造材料: 結晶に学んだ骨格構造体の高強度化 (Nature Research)

周期的な格子状骨格構造体の構築は、並外れた機械的特性を持つ超軽量構造体を作製する手段としてよく知られている。しかし、そうした骨格構造体は、壊れ始めると破局的に崩壊する傾向がある。今回M Phamたちは、微細構造を持つ金属の機械的性質が優れて...

発生生物学: ヤツメウナギの耳の中 (Nature Research)

脊椎動物学の全ての教科書には、「顎口類(すなわち、ヒトを含む有顎脊椎動物)は左右それぞれの内耳に、ピッチ、ロール、ヨーといった回転運動を検知するのに最適化された、三半規管を持つ」と書かれている。一方、内耳の構造が知られている顎を持たない魚類...

神経科学: 閉ループの電気的な神経調節 (Nature Research)

バイオエレクトロニクスを利用した神経調節によって疼痛や臓器不全を治療する研究が行われている。著者たちは今回、神経調節の特異性と適用可能性を高めるために、末梢神経調節を可能にする埋め込み型の閉ループ装置からなる、バイオオプトエレクトロニクスシ...

天文学: GRB 171205A/SN 2017iukにおけるジェットのコクーン (Nature Research)

継続時間の長いγ線バーストに付随する超新星の初期の進化の研究は、光において支配的なのがバーストの残光であることが多いため難しい。今回L Izzoたちは、GRB 171205A/SN 2017iukの初期スペクトルを報告している。このバースト...

構造生物学: HIVが共受容体と結合する過程を可視化する (Nature Research)

HIV-1が細胞に侵入するには、まずエンベロープ糖タンパク質(Env)が細胞側の受容体CD4に結合しなくてはならない。しかし、ウイルスエンベロープと細胞膜との融合は、Envがさらに、2つの共受容体のうちの1つと結合しないと起こらない。Env...

進化遺伝学: 正常な食道組織におけるがん変異 (Nature Research)

正常な非がん組織で腫瘍発生を促進する可能性があるがん遺伝子の体細胞性変異について調べるために、そうした正常組織を解析することに関心が高まっている。皮膚や造血系では、正常組織内にがん変異を持つクローンの増殖が見られ、そうしたクローンが加齢に伴...

ロボット古生物学:羊膜類化石のロボットモデルが示唆する初期の四肢類の歩行様式 (Nature Research)

四肢を持つ脊椎動物が初めて陸に上がったときに、その歩様が具体的にどのように進化したのかを解明するのは、化石に保存されている情報量が少ないことが多いために困難である。今回J Nyakaturaたちは、羊膜類のステムグループの一種であるOrob...

  1. 4
  2. 5
  3. 6
  4. 7
  5. 8
  6. 9
  7. 10
  8. 11
  9. 12
  10. 13