絞り込み

16590

広告

18年の医療事故は377件 手術が最多 (毎日新聞)

医療事故発生報告件数 患者の予期せぬ死亡を扱う医療事故調査制度で、日本医療安全調査機構は、2018年に「死亡事故が発生し、院内調査が必要」として届け出があったの...

  1. 第2回「認知症バリアフリー」に関する懇談...
  2. 史上最年少のプロ入りを前に 囲碁の仲邑菫...
  3. 新規コンテンツページ - (1242)
  4. 刑事ドラマや仁きょう映画の名脇役 織本順...

ニュース一覧

News
ニュース

ニュース一覧2758件中 41件~50件

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

年代が上がるほど悲観的な薬局業界 (日経BP)

ここ数年、社外で講演の機会をいただくようになりましたが、その聴講者は経営層から学生まで様々です。私は一方的な講義スタイルはあまり好きではないので、質問を投げ掛けるなど、少しでもインタラクティブな講演になるように心掛けています。 最近の私の十...

オリジナルの処方監査システムを作っています (日経BP)

今回は、院内の処方監査システムに関して、取り上げます。薬剤師は処方箋の内容について、その適切性を評価し、必要に応じて処方医に対して疑義照会を行わなければなりません。しかしながら、何をもって適切性の評価とするかは、薬剤師一人ひとりの経験と能力...

「探湯神事」神職が熱い湯浴びて家内安全など願う 群馬 (NHK)

群馬県大泉町の神社で釜で沸かした熱い湯を神職が浴びて家内安全や商売繁盛を願う「探湯神事」が行われました。 大泉町にある社日稲荷神社では、およそ200年前から「探湯神事」が続けられていて、春と秋の年2回、行われています。 探湯神事は直径1メー...

「透析中止事件」で見えてきた法的な論点 (日経BP)

東京都福生市の公立福生病院で2018年8月、44歳の女性患者の血液透析を中止したことで約1週間後、患者が死亡した事件に関する報道が続いている。報道ベースではあるが、事実関係が次のように整理されつつある。 (1)女性は腎不全を患い約5年間、近...

尿中シュウ酸値が高いとCKDが進行しやすい (日経BP)

米国Harvard大学医学部のSushrut S. Waikar氏らは、尿中のシュウ酸排泄量が多いと慢性腎臓病(CKD)が進行しやすくなるという仮説を検証するため、Chronic Renal Insufficiency Cohort(CRI...

入りのジンクス、明けのジンクス (日経BP)

こんな時に限って……ってこと、なぜか続くんですよね。

H. pyloriに起因する胃癌の撲滅に向けた次の課題が明らかに (日経BP)

2月27日から静岡県沼津市で開催された第91回日本胃癌学会総会では、同総会では初となる日本ヘリコバクター学会との合同シンポジウムが行われた(座長:日本ヘリコバクター学会理事長、富山大学大学院地域がん予防・治療学推進講座特任教授の杉山敏郎氏、...

先生がそこまでおっしゃるならお願いします (日経BP)

医師なら誰にでも「忘れられないカルテ」がある。後日、冷や汗をかいた症例、奇跡的にうまくいった自慢の症例、「なぜあのとき…」と今でも後悔している症例、などなど。ことあるごとに思いだし、医師としての自分の成長を支え続けている、心に残るエピソード...

カナキヌマブは心不全による入院を予防するか (日経BP)

大規模臨床試験のデータを用いて、インターロイキン(IL)-1β阻害剤カナキヌマブによる抗炎症療法が心不全による入院を予防するのかが検討された。その結果、同薬の投与は、心筋梗塞の既往とhsCRP値上昇のある患者において、心不全による入院、なら...

心臓の評価に聴診器、「まだまだ必要」が大多数 (日経BP)

医療には様々な疑問が山積している。医学的な判断はもちろん、より良い医療を提供するための制度・仕組み、医師本人のキャリアプランなど。しかしこうした疑問には正解がないのが普通だ。だからPros Cons。他の医師はどう考えているのか? 自分にな...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10