絞り込み

16636

広告

News
ニュース

第二次世界大戦が生んだ「オオカミの子どもたち」苦難の人生 写真12点 (日経BP)

第二次世界大戦終結後、親を失った多くの子どもたちが、戦後の混乱期を自力で生き抜かなければならなかった。かつてナチス・ドイツが支配していた東プロイセンでも、親と離れ離れになったドイツ人の子どもたちが、社会から見捨てられ、まるで腹を空かせたオオカミのようにさまよい、森のなかで生き延び...

続きはこちら